施術の流れ

■治療室cureの治療のすすめ方

施術前に問診にて現在の症状や既往歴などをお伺いします。
骨盤・脊椎・四肢など関節や筋肉の状態を検査します。

下半身の施術

日頃から体を支える下半身はバランスが崩れやすいものです。
上半身、胴体の土台になっている為に左右どちらの下肢に不均衡があっても全身のバランスに影響を与えてしまいます。 特に足裏と膝裏の筋膜は、構造的に重要な箇所になっていますのでしっかりと調整していきたいところです。 その事で全身の血流やリンパ液の流れが良くなり浮腫みなどの症状の緩和にも繋がります。

上半身の施術

骨盤から背骨全体を、優しく緩やかな力で施術していきます。左右の骨盤のバランスを整え、脊柱(背骨)の一つ一つの可動性を検査し、 その可動性が失われていて固くなっている所をゆっくり優しく調整します。優しく調整することで身体が本来持っている「健康な状態であろうとする力」 いわゆる自然治癒力を利用し、身体が自ら無理なく自然にバランスを整えていくよう促していきます。

頭蓋療法

仰向けでの施術”頭蓋オステオパシー療法”は、現在のオステオパシーの施術には欠かすことの出来ない重要かつとても独自でユニークな手技になります。 触れている程度にしか感じないほどの軽く優しいタッチで、頭蓋縫合(ギザギザの部分)をゆっくりと弛めていき、脳脊骨髄液の循環を促していくものです。
脳脊骨髄液は「生命の源泉」とも呼ばれているもので、その流れを促すことは全身の神経系統を正していき生命力を高めていくといわれています。 他の療法には無いオステオパシー独自の手技で、今までに味わったことの無い生命の源泉の沸きあがる充実感を感じられると思います。









このページの先頭へ

治療室cureのブログ