Q&A

お客様よりいただいたQ&A

Chapter1

Q オステオパシーとはどんな治療法なんですか?
A オステオパシーは1874年にアメリカの医師によって発表された自然療法・手技療法です。
脊柱の中心に全身の骨格の不具合を手技で調整し、血流や神経伝達を正常にしていくことで身体が本来持っている 自然治癒力を高めていき、体に現れている痛みや不調の改善・緩和を促していく療法です。
治療室cureでは、アメリカで発表されたオステオパシーの原理を踏まえた上で日本人の体質に合わせた施術をしています。

Chapter2

Q オステオパシーはどんな症状に効果があるのですか?
A 現在、治療室cureには、肩こり・寝違い・四十肩・五十肩・背中の痛み・腰痛・ぎっくり腰 ・筋違い・手足の痺れ・膝の痛み・腱鞘炎・外反母趾・顎関節症等の筋骨格系の痛みや不調の方、眼精疲労、 めまい、偏頭痛、生理痛、自律神経失調症からのメニエール病、パニック障害などの不定愁訴といわれる症状の方が通われています。
皆様、緩和・改善されていらっしゃいますので、そうした心身の不調の改善と、その予防のお役に当てると思います。

Chapter3

Q オステオパシーは治療期間はどれくらいですか?
A 症状や原因、また体質等の違いがありますので一概には言えませんが、症状の辛い時期は通院間隔を短く、少しずつ症状が楽になってきたらその間隔を広げていくのが良いと思います。
痛みや不調が改善された後、その再発の予防としての施術を希望される方には、その方の体質等に合わせた通院間隔をご提案させて頂いております。
定期的にオステオパシーの施術を受けておくことで、痛みや不調の起こりにくい身体を維持していくことができます。

このページの先頭へ

治療室cureのブログ